婦人科の形成クリニックでは女性のコンプレックスが解消できる

案内

デリケート部分の悩み

婦人

小陰唇肥大で悩んでいる女性は少なくありません。小陰唇肥大は主に天性的なものが多いと言われていますが、女性ホルモンのバランスが乱れてしまった事をきっかけに小陰唇肥大になってしまう場合もあるようです。そのため、思春期や妊娠をきっかけに小陰唇肥大になってしまう女性も少なくありません。小陰唇肥大と判断されるのは小陰唇の一番外側から膣口までの幅が2cm以上ある場合です。よって、これらの事から小陰唇肥大になってしまう可能性は誰にでもあるのがわかります。万が一、小陰唇肥大になって不安を感じてしまう場合や、コンプレックスと感じてしまう場合がありましたら、形成外科や美容クリニックに行って相談をしましょう。自分に合った治療方法を紹介してくれますし、自分の理想とするサイズに調整をしてくれます。小陰唇肥大の治療方法は、切開手術とレーザー治療の2種類がありますので、安全に治療ができて痛みも伴いにくい方法で行なうようにしましょう。小陰唇肥大の治療を受ければ、日常生活にも支障は起きにくいですし、デリケート部分に対してコンプレックスを感じる心配もないのです。また、小陰唇の左右のサイズがバランス良く整いますし、デリケート部分の黒ずみも解消できるのです。他にも、今までは小陰唇が原因で恋愛ができなかった人も積極的に恋愛をして楽しめるようにもなります。コンプレックスや痛みからも開放されますので、身体だけではなく心もスッキリするのです。

Copyright© 2016 婦人科の形成クリニックでは女性のコンプレックスが解消できるAll Rights Reserved.